★血液データの読み方

スポンサーリンク
★血液データの読み方

血液検査の結果から体内の慢性炎症を推測する方法

慢性炎症が疑われる血液検査の項目は以下の通りです。 血小板数が多い 血小板は出血したときに血を固める成分です。血小板が多い場合、炎症が疑われます。目安は20万以上だと多いと言えます。 高感度CRPが高い 高感度CRPは炎症マーカーと...
★血液データの読み方

血液検査データからメチレーションの状態を予測する方法

血液検査データの結果から「メチレーション」の状態を予測する方法について解説します。 メチレーションとは 「メチレーション」とは、メチル基(CH3)が色々な物質に結合し、様々な化学反応を起こすことで、DNA・RNA合成、解毒、たんぱく質の合...
★血液データの読み方

血液検査データから「低血糖症」を予測する方法

低血糖症になっていないかどうかを血液検査データを見て予測する方法について解説します。 (低血糖症の症状などについては「慢性的に疲れやすい、頭痛、朝起きられないetc.様々な不調を引き起こす「低血糖症」について。で解説しています)   血糖...
★血液データの読み方

線維筋痛症と栄養療法・血液検査からATP産生力を調べる

線維筋痛症を栄養療法の観点から改善する方法について解説します。
★血液データの読み方

血液検査の結果からカルシウムの代謝異常をチェックする

骨を健康に保つために重要なカルシウム代謝について解説します。 カルシウム代謝異常とは体内には約1㎏のカルシウムがあり、その99%は骨の成分となっていて、血液などの細胞外液中には約900㎎程度のカルシウムが存在すると言われています。骨は骨格を...
★血液データの読み方

血液検査でビタミンDの過不足を調べる

ビタミンDが足りているかどうかを血液検査で調べる方法について解説しています。 血液検査の「ビタミンD」体内のビタミンDの効果は血中濃度で決まります。 通常の保険がきくビタミンDの検査は、「1.25OH D 」(1.25ヒドロキシカルシフェロ...
認知症対策

アルツハイマー病(認知症)における血液検査データの傾向について

話題の「アルツハイマー病真実と終焉」に記載されている、アルツハイマー病(認知症)の人の血液検査データの傾向について解説します。 「アルツハイマー病真実と終焉」の著者、デールプレデセン博士が低唱する「リコード法」では、血液検査などを用いて自...
★血液データの読み方

血液データを読むことでわかることと、血液データを読む際の注意点

分子栄養学の知識を生かして血液データを読むことでわかることと、その際の注意点について。 血液検査データからわかることとは?通常の健康診断における血液検査では、大体20種類くらいの検査を行いますが、栄養療法では普通の検査項目よりも多い 50~...
★血液データの読み方

血液データを読む手順

このページでは、血液データを読む手順をまとめています。 ①まずは、総蛋白やアルブミン、A/G比などからたんぱく質の状態を見ます。 ②次に、尿素窒素、コレステロール値などからもたんぱく質の指標として見ていきます。 ③さらに、酵素群(AS...
★血液データの読み方

甲状腺機能と血液検査

甲状腺機能に関連する血液データ項目について解説します。 甲状腺機能の低下症状甲状腺は、栄養素をエネルギーにする働きをする臓器です。 甲状腺機能は副腎機能に大きな影響を受けるため、副腎疲労の人は甲状腺機能の低下も起きている場合も多くみられま...
★血液データの読み方

銅と亜鉛のバランスについて

私たちの精神状態にも大きく影響を与える重要ミネラルである銅と亜鉛について解説します。 銅と亜鉛の理想バランスとは亜鉛(Zn)と銅(Cu)はバランスが非常に大切なミネラルの一つです。 銅や亜鉛は、ヒトの精神状態にも大きく影響を与えます。なぜ...
★血液データの読み方

血液検査の「好中球」と「リンパ球」からわかること

自律神経のバランスをチェックするときに役立つ「好中球」と「リンパ球」について解説します。 白血球の5分画 血液を採取し、固まらないようにして試験管に入れて遠心分離器にかけると2層に分かれます、上層はやや黄白色がかった透明で、下層は赤い塊...
★血液データの読み方

炎症を測る「高感度CRP」とは?

身体の慢性炎症を知る指標となる「高感度CRP定量」について説明します。 CRPとは CRPとは、「C反応性たんぱく」と呼ばれるたんぱく質のことで、体のどこかに急性炎症が起こると、このたんぱく質が24時間以内に急増し、通常の濃度の1000倍も...
★血液データの読み方

「逸脱酵素」とは?

血液データを見るときに必要な「逸脱酵素」についての説明です。
★血液データの読み方

「インスリン」とは?血液検査の「インスリン」からわかること

知っているようで知らない「インスリン」の働く仕組みや、「インスリン」が出過ぎるとなぜ良くないのか、また、血液検査の「インスリン」の見方などを、わかりやすく説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「グリコアルブミン」からわかること

「グリコアルブミン」は通常の血液検査の項目には入っていないのであまり聞きなれないかもしれませんが、血糖値の状態をより正確に知るために使える項目です。
★血液データの読み方

血液検査の「血糖値」・「ヘモグロビンA1c」からわかること

血糖値やヘモグロビンA1cとは何か、そしてそれらが高過ぎるとなぜ良くないのかについて説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「クレアチニン」からわかること

血液検査の「クレアチニン」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「中性脂肪」からわかること

血液検査の「中性脂肪」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「HDL」・「LDL」からわかること

HDLコレステロール(HDL‐C)とLDLコレステロール(LDL‐C)について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「尿酸値」からわかること

血液検査の尿酸について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「赤血球」・「ヘマトクリット」・「網状赤血球」からわかること

血液検査の項目「赤血球」や「ヘマトクリット」、「網状赤血球」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「ビリルビン」からわかること

ビリルビン(BIL)とは? 肝臓機能を調べる項目で、「ビリルビン」という項目があります。ビリルビンとは、胆汁に含まれる黄色の色素で、古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊が破壊されたときにできる成分です。つまり、ビリルビンは赤血球の代謝物...
★血液データの読み方

血液検査の「ペプシノーゲン」・「血清アミラーゼ」からわかること

ペプシノーゲン(PG)とは ペプシノーゲンとは、胃の粘膜から分泌されるたんぱく質です。ペプシノーゲンは胃の中に分泌された後、胃酸によって「ペプシン」となり、たんぱく質分解酵素として働きます。つまり、ペプシノーゲンはたんぱく分解酵素「ペプシ...
★血液データの読み方

血液検査の「CPK」からわかること

今日は、血液検査のCPKという項目についてです。
★血液データの読み方

血液検査の「血清鉄」「UIBC」「TIBC」からわかること

血液検査項目の一つ、「血清鉄」とは何か、また、血清鉄の値からどんなことを読み取ることができるのかについて説明します。
★血液データの読み方

疲れやすいのは貧血のせい??鉄欠乏性貧血によって起こる症状とその原因について

疲れやすい、朝起きられない、肩こりや頭痛、肌荒れなど、その不調の原因は鉄欠乏性貧血のせいかもしれません。貧血とは何か、貧血によってどんな症状が起こるのか、なぜ貧血が起こるのか、ヘモグロビン値が正常でも貧血の場合があるのか??など、貧血にまつ...
★血液データの読み方

血液検査の「フェリチン」からわかること

ヘモグロビン値や赤血球数に問題がなくても、「フェリチン値」を測ってみると値が低く、実はひどい貧血だった!という場合があります。逆に、貧血があるのにフェリチンが高く出る場合もあります。今日はそんな「フェリチン」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「MCH」と「MCHC」からわかること

今日は、血液検査の「MCH」と「MCHC」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「MCV」の値からわかること

血液検査の「MCV」という項目について説明します。 MCVとは?? MCVは、貧血があるかどうかを調べるための項目の一つで、 Mean(平均) Corpuscular(血球) Volume(容積) つまり、赤血球の平均の大きさ(容積)の...
★血液データの読み方

血液検査の「LDH」からわかること。疲れやすい人は、血液検査のLDHをチェックしてみましょう

血液検査データの「LDH=乳酸脱水素酵素」について説明します。
★血液データの読み方

「溶血」とは?

血液データを読む上で重要な「溶血」について解説します。 「溶血」とは?細胞の中で最も酸化ストレスを受けやすいのは、赤血球です。 溶血とは、赤血球が何らかの原因で壊れ、赤血球中に含まれるヘモグロビン(血色素)が血液中に出てきている状態のこと...
★血液データの読み方

血液検査の「ALP」からわかること。血液検査でALPが低いのはなぜ?

今日は、血液検査のALPという項目について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「AST」と「ALT」からわかること。ASTとALT値からビタミンB6の不足と低血糖を読み取る

AST・ALTとは 血液検査の項目を見ると、AST(GOT)・ALT(GPT)という項目がありますね。この二つの項目を、栄養学的に読み取る方法について説明します。 ASTとALTは、どちらもたんぱく質代謝に欠かせない酵素です。 ASTは...
★血液データの読み方

血液検査データの「マスク」(マスキング)とは?

血液データを読むときに忘れてはいけない、データの「マスク」(マスキング)について説明します。 データの「マスク」とは 脱水があったり、体内のどこかに微小な炎症が起こっていたり、栄養状態が悪かったりする場合、血液検査の値が本来の値よりも高くな...
★血液データの読み方

血液検査の「コレステロール」からわかること。

血液検査で指摘されることも多い血中のコレステロール。血中のコレステロール値は、低ければ低いほど良いのでしょうか?
★血液データの読み方

血液検査の「総蛋白(TP)」・「A/G比」からわかること

血液検査の最初の項目として出てくることも多い「総蛋白」と「A/G」比について解説します。
★血液データの読み方

血液検査の「アルブミン」からわかること

身体の中でたんぱく質が足りているかを知るための良い指標となる血中の「アルブミン」について解説します。
★血液データの読み方

血液検査の「γ-GTP」からわかること

血液検査の「γ‐GTP」(ガンマジーティーピー)について解説します。 「γ―GTP」とは?γ―GTPは、「グルタミルトランスペプチターゼ」という酵素。 たんぱく質の合成に関わる酵素で、腎臓・膵臓・小腸・肝臓などに多く存在します。肝臓では、...
★血液データの読み方

血液検査の「尿素窒素(BUN)」からわかること

血液検査の「BUN」について解説します。
★血液データの読み方

血液検査の「コリンエステラーゼ」からわかること

血液検査の「コリンエステラーゼ」という項目について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の結果からたんぱく質の不足を調べる方法

健康診断などの血液検査の結果から、自分の身体の中でたんぱく質が足りているかどうかを栄養学医的な視点から簡単にチェックする方法をお伝えします。 血液検査の結果からたんぱく質の充足度を予測するたんぱく質は、筋肉や骨、内臓器官、血液、ホルモン、酵...
血液データを読むための基礎知識

血液検査の「基準値」とは?

血液検査のデータからわかることとその活用法について解説します。 血液検査データからわかること 皆さんは、健康診断や人間ドックを定期的に受けているでしょうか?通常の健康診断や人間ドックで行われる血液検査では、主に肝臓の働きや腎臓の働きなど...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました