血液検査の「ビリルビン」からわかること

ビリルビン(BIL)とは?

肝臓機能を調べる項目で、「ビリルビン」という項目があります。ビリルビンとは、胆汁に含まれる黄色の色素で、古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊が破壊されたときにできる成分です。つまり、ビリルビンは赤血球の代謝物。

赤血球が破壊されてできたビリルビンは、血液によって肝臓に運ばれ、そこで水に溶けやすい形に処理されて胆汁の中に排出されます。胆汁は腸内に流れ出し、脂肪の消化吸収を助けます。

ビリルビンは黄色い色素なので、肝機能障害や赤血球の過剰破壊などによって血液中にビリルビンが異常に増加すると、皮膚や粘膜が黄色くなる「黄疸」が見られるようになります。

「直接ビリルビン」「間接ビリルビン」「総ビリルビン」の違い

ビリルビンには、「直接ビリルビン」と「間接ビリルビン」があります。

直接ビリルビンは、「Direct(直接) Bilirubin」の頭文字をとって「D-BIL」、間接ビリルビンは「Indirect (間接)Bilirubin」 の頭文字をとって「I-BIL」と表示されていることもあります。

・直接ビリルビン(D-BIL)

「直接ビリルビン」は肝臓で処理された後のビリルビンです。肝障害やビリルビンの排出障害があると血液中に漏れ出し、数値が上昇します。

・間接ビリルビン(I-BIL)

「間接ビリルビン」は、肝臓に運ばれる前のビリルビンで、溶血(血液中の赤血球が壊れること)によって値が上昇します。

・総ビリルビン(T-BIL)

そして、直接ビリルビンと間接ビリルビンを合わせたものが、「総ビリルビン」(Total Bilirubinn=「T-bil」)と呼ばれます。

 

つまり、直接ビリルビン+間接ビリルビン=総ビリルビン ということですね。総ビリルビンと直接ビリルビンしかデータがなければ、引き算をすれば簡単に間接ビリルビンの値を知ることができます。

 

血液データの読み方

①まずは、従来の評価方法での臓器のトラブルや炎症がないことを確認します。ビリルビン値は、赤血球の代謝や肝機能疾患等で異常高値を示します。総ビリルビン値の目安は1.2以下です。

②通常、間接ビリルビンと直接ビリルビンは1:1です。肝機能が正常なのに総ビリルビン値が高い場合は、間接ビリルビンが高く、溶血があることが予測されます。(溶血についての詳細はこちら

間接ビリルビンが0.6を超えるような場合、赤血球の膜が壊れやすくなっているせいで、肝臓で処理される前のビリルビンが多くなっているということが予測できます。(ただし、生まれつき間接ビリルビンを作る酵素の量が少なく数値が上がっている人もいます)

赤血球の細胞膜が壊れやすくなっているということは、他の細胞膜も壊れやすくなっている=つまり、細胞膜が弱くなっているということです。

尚、間接ビリルビンは重症の肝障害でも上昇します。また、絶食が長時間になった場合も上昇しやすくなります。

間接ビリルビンが高値な場合は、次に総コレステロール値も確認してみましょう。コレステロール値が低い場合、細胞膜の材料が不足して弱くなっているのかもしれません。また、溶血によって総蛋白やLDH、AST、ALT、網状赤血球、血清鉄、カリウムなども高値になっていることを疑います。

さらに、炎症を測る「高感度CRP」ののデータもあればチェックします。高感度CRPの値が0.05よりも高い場合は、微小な組織障害があるかもしれないと考えられます。もしもそのような炎症が見られる場合は、ビタミンEやEPAなど、細胞の酸化を防ぐための栄養素を補うというアプローチが重要となります。

血液検査の「LDH」からわかること。疲れやすい人は、血液検査のLDHをチェックしてみましょう

LDHとは

血液検査データの「LDH=乳酸脱水素酵素」について説明します。

ちなみに、「LDH」は、Lactate(乳酸) DeHydrogenase(デヒドロゲナーゼ)=「乳酸脱水素酵素」のことです。

この酵素はその名の通り、乳酸を分解する働きをします。解糖系と糖新生の両方に関わるため、ぶどう糖がエネルギーに変換されるために欠かせません。

LDHが高値の場合

LDHは赤血球の中に多く含まれます。例えば、細胞膜の健康に関わるビタミンEが不足していたりすると、赤血球が血管内で壊れやすくなり、LDHの値が少し高く出るようになります。(詳しくは、「溶血」についてチェック!)

LDHの値が高めで、ビリルビン値もという人は、溶血の可能性が高いと言えます。この場合、MCVなども大きくなっていないかどうかチェックしてみましょう。

LDHはその他にも、組織が壊れる心筋梗塞や筋疾患などがあると、AST・ALT・CK・CPKと併せて上昇します。また、脂肪肝、アレルギー、アトピー、運動直後(筋肉運動の影響)、細胞破壊亢進、甲状腺機能低下、慢性腎炎など、そして降圧剤の種類によっても高値になることがあります。

このように、LDHを上昇させる因子はたくさんあるので、血液データを読むときにはデータのマスクを考慮していく必要があります。

 

尚、小児や成長期の場合も、LDH値は高くなります。

LDHが低値の場合

LDHが低いと、乳酸分解がスムーズにできず疲れが取れにくくなってしまいます。LDHが低値の場合、他のデータとあわせてナイアシン欠乏症を予想することができます。なぜなら、この酵素が働くためにはナイアシンを必要とするからです。ナイアシンは、エネルギーを生み出すためにも欠かせない栄養素なので、LDHが低い人はエネルギー不足のため元気がなかったり、疲れやすいと感じていたりすることが多いです。

また、LDHが低いと神経過敏にもなりやすく、うつ病、神経症、統合失調症の発症リスクが高まるということがわかっています。

LDHは180ぐらいはあるのが理想的です。100代前半だったりする人は、相当疲れやすさを感じているかもしれません。逆に、身体の状態が良くないのにLDHがばっちりという人は、どこかの組織にトラブルがあってLDH値が上がっているのかもしれないと考えられます。

アレルギーがある人も要注意です。アレルギーの人はナイアシン欠乏があってもこの値が高めになるため、ナイアシンの不足症状に該当する場合は、LDH値が十分でもナイアシン欠乏である場合もあります。

 

ナイアシンについて

ナイアシンとは、ビタミンB群の一種で、ビタミンB3(ニコチン酸)とも呼ばれます。ナイアシンにはたくさんの働きがあります。特に、三大栄養素の代謝に必要で、循環系・消化系・神経系の働きを促進します。また、お酒を飲んだ時の悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解し、二日酔いを防止する働きもあるという点も要注目です。

ナイアシンは、魚や肉、卵、豆類など、たんぱく質を多く含む食材に豊富に含まれるだけでなく、たんぱく質に含まれるトリプトファンから合成されます。トリプトファンの合成が行われるのは身体の中だけでなく、腸内の腸内細菌からも、トリプトファンからナイアシン合成が行われます。

そのため、LDHが低い場合は、摂取量が少ないというだけでなく、腸内環境が悪い→ナイアシン不足→LDH低値となっているということも考えられます。

 

まとめ

・LDHは、乳酸を分解する酵素で、エネルギー代謝において欠かせない。

・LDHは、溶血、心疾患、脂肪肝、アレルギー、アトピー、運動直後(筋肉運動の影響)、細胞破壊亢進、甲状腺機能低下、慢性腎炎、薬の影響などで高値になる。

・LDHが低い場合、ナイアシン不足が疑われる。ナイアシン不足は、エネルギー不足だけでなく神経疾患を引き起こすこともある。

・ナイアシン不足がある場合、食事内容だけでなく腸内環境を整えることが大切