溶血

★血液データの読み方

血液検査の「ビリルビン」からわかること

ビリルビン(BIL)とは? 肝臓機能を調べる項目で、「ビリルビン」という項目があります。ビリルビンとは、胆汁に含まれる黄色の色素で、古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊が破壊されたときにできる成分です。つまり、ビリルビンは赤血球の代謝物...
★血液データの読み方

血液検査の「血清鉄」「UIBC」「TIBC」からわかること

血液検査項目の一つ、「血清鉄」とは何か、また、血清鉄の値からどんなことを読み取ることができるのかについて説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「LDH」からわかること。疲れやすい人は、血液検査のLDHをチェックしてみましょう

血液検査データの「LDH=乳酸脱水素酵素」について説明します。
★血液データの読み方

「溶血」とは?

血液データを読む上で重要な「溶血」について解説します。 「溶血」とは?細胞の中で最も酸化ストレスを受けやすいのは、赤血球です。 溶血とは、赤血球が何らかの原因で壊れ、赤血球中に含まれるヘモグロビン(血色素)が血液中に出てきている状態のこと...
タイトルとURLをコピーしました