血液データを読むための基礎知識

スポンサーリンク
認知症対策

アルツハイマー病(認知症)における血液検査データの傾向について

話題の「アルツハイマー病真実と終焉」に記載されている、アルツハイマー病(認知症)の人の血液検査データの傾向について解説します。 「アルツハイマー病真実と終焉」の著者、デールプレデセン博士が低唱する「リコード法」では、血液検査などを用いて自...
★血液データの読み方

血液データを読むことでわかることと、血液データを読む際の注意点

分子栄養学の知識を生かして血液データを読むことでわかることと、その際の注意点について。 血液検査データからわかることとは?通常の健康診断における血液検査では、大体20種類くらいの検査を行いますが、栄養療法では普通の検査項目よりも多い 50~...
★血液データの読み方

血液データを読む手順

このページでは、血液データを読む手順をまとめています。 ①まずは、総蛋白やアルブミン、A/G比などからたんぱく質の状態を見ます。 ②次に、尿素窒素、コレステロール値などからもたんぱく質の指標として見ていきます。 ③さらに、酵素群(AS...
★血液データの読み方

「逸脱酵素」とは?

血液データを見るときに必要な「逸脱酵素」についての説明です。
★血液データの読み方

「溶血」とは?

血液データを読む上で重要な「溶血」について解説します。 「溶血」とは?細胞の中で最も酸化ストレスを受けやすいのは、赤血球です。 溶血とは、赤血球が何らかの原因で壊れ、赤血球中に含まれるヘモグロビン(血色素)が血液中に出てきている状態のこと...
★血液データの読み方

血液検査データの「マスク」(マスキング)とは?

血液データを読むときに忘れてはいけない、データの「マスク」(マスキング)について説明します。 データの「マスク」とは 脱水があったり、体内のどこかに微小な炎症が起こっていたり、栄養状態が悪かったりする場合、血液検査の値が本来の値よりも高くな...
血液データを読むための基礎知識

血液検査の「基準値」とは?

血液検査のデータからわかることとその活用法について解説します。 血液検査データからわかること 皆さんは、健康診断や人間ドックを定期的に受けているでしょうか?通常の健康診断や人間ドックで行われる血液検査では、主に肝臓の働きや腎臓の働きなど...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました