血液検査の「好中球」と「リンパ球」からわかること

白血球の5分画

血液を採取し、固まらないようにして試験管に入れて遠心分離器にかけると2層に分かれます、上層はやや黄白色がかった透明で、下層は赤い塊です。

この上の層は血液中の液体成分で、「血漿」と呼ばれます。血漿にはたんぱく質(アルブミンやグロブリン、フィブリノーゲンなど)や脂質(コレステロールなど)が溶け込んでいます。

下の層は細胞成分で、その表層には白っぽい層が重なっており、ここには白血球と血小板が含まれます。下の赤い塊は赤血球です。

白血球は、好中球(Neutroニュートロ)・好酸球(Eosinoエオジノ)・好塩基球(Basoバソ)・リンパ球(Lymphoリンホサイト)・単球(Monoモノサイト)の5つに分けることができます。これが白血球の5分画です。

 

好中球とリンパ球の割合から自律神経の状態を推測する

好中球には「ノルアドレナリン」の受容体があり、交感神経が緊張すると増加します。一方、リンパ球には「アセチルコリン」の受容体があり、副交感神経が優位になるとリンパ球が増加します。従って、リンパ球と好中球の割合は、その時点での自律神経のバランスを示します。

日中の活動時には交感神経優位になり好中球の割合が増え、夜間の睡眠時や休息時には副交感神経優位となりリンパ球の割合が増えるという日内変動が見られます。あるいは、気圧の変化によっても、気圧が高いと好中球が増え気圧が低いとリンパ球が増えるという変化も見られます。また、通常は男性よりも女性の方がリンパ球が多い傾向がみられるようです。

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくなされていれば、そのバランスがうまく保たれますが、過労や悩み事といったストレスが長く続くことで自律神経のバランスが崩れ、常に交感神経が過度に緊張した状態になってしまうこともあります。また、寝不足などのストレスによってリンパ球は激減するといったように、その日の体調によっても大きく変わります。

個人差もありますが、好中球は 55%(50~60)ぐらいが理想で、高い場合は交感神経が高く過緊張状態であると考えられます。 一方、副交感神経を表すリンパ球は 30%(30~40)ぐらいが理想と言われています。

 

好中球の比率が高い時

好中球の比率が高いときは交感神経緊張があり、ストレス過多であると予測することができます。日常的にストレスにさらされていることによって、不眠、イライラや不安なども起こりやすくなります。尚、好中球は細菌感染でも上昇します。

正常範囲内の自律神経のバランスであれば、 交感神経は血圧を上げ、やる気や集中力を上げていき、 夜になると副交感神経が優位になりリラックスし眠りにつくことができます。好中球は細菌感染を防いだり、上皮の再生を促したりする大切な働きもしています。

しかし交感神経が優位になりすぎて好中球が増えすぎると、全身の血流障害を引き起こし、手足の冷えや低体温が起こりやすくなります。また、消化器の働きも悪くなります。胃潰瘍や潰瘍性胃腸炎、関節炎や腰痛、頭痛、さらにガンなどもかかりやすくなってしまいます。

特に、好中球が80%以上、またはリンパ球が20%以下というように好中球の割合がかなり増えてしまっている場合、ストレス状態がかなり強く、コルチゾールが過剰に分泌されている状態であると予想できます。この場合、副腎疲労になっている可能性がとても高いでしょう。

ちなみに、副腎疲労の検査として用いられるコルチゾールの唾液検査は一回20000円ぐらいかかりますが、この好中球とリンパ球の割合を調べる方法なら簡単で安上がりな方法であると言えます。(健康保険が適用されれば負担は数百円、白血球像だけなら自費でも2000〜4000円程度で済む)

 

リンパ球の比率が高い場合

副交感神経が適度に働いていると、血管が拡張して血流がよくなり、消化器の働きも高まります。しかし、副交感神経が働き過ぎてリンパ球の数値が高すぎるような場合は、だるさや疲労感が抜けない状態になってしまいます。

過度な副交感神経優位の状態が長く続くと、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、うつ病などの病気になり、身体の活動量が減ることで筋肉の発熱量が低下し、いずれは交感神経優位の場合と同様に低体温を引き起こす原因となります。