炎症の指標

★血液データの読み方

血液検査の結果から体内の慢性炎症を推測する方法

慢性炎症が疑われる血液検査の項目は以下の通りです。 血小板数が多い 血小板は出血したときに血を固める成分です。血小板が多い場合、炎症が疑われます。目安は20万以上だと多いと言えます。 高感度CRPが高い 高感度CRPは炎症マーカーと...
★血液データの読み方

炎症を測る「高感度CRP」とは?

身体の慢性炎症を知る指標となる「高感度CRP定量」について説明します。 CRPとは CRPとは、「C反応性たんぱく」と呼ばれるたんぱく質のことで、体のどこかに急性炎症が起こると、このたんぱく質が24時間以内に急増し、通常の濃度の1000倍も...
★血液データの読み方

血液検査の「フェリチン」からわかること

ヘモグロビン値や赤血球数に問題がなくても、「フェリチン値」を測ってみると値が低く、実はひどい貧血だった!という場合があります。逆に、貧血があるのにフェリチンが高く出る場合もあります。今日はそんな「フェリチン」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「総蛋白(TP)」・「A/G比」からわかること

血液検査の最初の項目として出てくることも多い「総蛋白」と「A/G」比について解説します。
タイトルとURLをコピーしました