銅と亜鉛のバランスについて

銅と亜鉛の理想バランスとは

亜鉛(Zn)と銅(Cu)はバランスが非常に大切なミネラルの一つです。

亜鉛に対して銅が多すぎる場合、ドーパミンからノルアドレナリンへの変換が多くなり過ぎることで、不安感や攻撃性が増してしまいます。また、銅は鉄と同じく多すぎると酸化ストレスを引き起こすため注意が必要です。

血中銅と亜鉛のバランスは 、1:0.9~1 (銅1に対して亜鉛0.9~1ぐらい)が理想です。

 

銅が多くなる原因

脂肪肝などの炎症があると銅が多くなることがあります。銅は、ピルの服用、妊娠などによっても上がります。また、亜鉛には銅を下げる働きがありますので、亜鉛不足の食生活によって銅過剰が起こっている場合もあります。

亜鉛に関しては、ALPもチェックしてみましょう。

尚、血清亜鉛は日内変動が大きく、朝よりも午後の方が低下する一方、血清銅の日内変動はほとんどありません。