★目的別健康情報

こむらがえりの原因とは

筋肉がつる原因について解説します。 こむら返りとは普段私たちは自分の意志で筋肉を動かしていますが、なんらかの原因で筋肉が自分の意志とは関係なく過剰に収縮して硬直してしまったのが「筋肉がつった」状態です。 こむら返りの「こむら」とはふくらは...
炎症対策

関節炎と栄養

関節炎の対処法について、栄養療法の視点から解説しています。 関節炎とナイアシンアミド(ビタミンB3)1940年代、ウィリアムカウフマン医師によると、自らの臨床経験からみたナイアシン(ビタミンB3)の欠乏によるペラグラの症状について、詳し...
★血液データの読み方

血液検査でビタミンDの過不足を調べる

ビタミンDが足りているかどうかを血液検査で調べる方法について解説しています。 血液検査の「ビタミンD」体内のビタミンDの効果は血中濃度で決まります。 通常の保険がきくビタミンDの検査は、「1.25OH D 」(1.25ヒドロキシカルシフェロ...
感染症予防対策

ビタミンDの働き

骨の健康や免疫機能の維持、糖尿病や認知症予防のためにも欠かせない、ビタミンDについて解説しています。 ビタミンDと骨の健康 ビタミンDと言えば、健康な骨を作るために欠かせないビタミンとしてよく知られていますよね。骨は、常に「骨代謝」によって...
ビタミンC

高濃度ビタミンC点滴は免疫力を下げる??

以前にも、「ビタミンCサプリの摂り方のコツ」について書きましたが、今日はさらに具体的に、効果的な摂取方法と、気になる高濃度ビタミンC点滴の情報についてです。 ビタミンCで免疫力アップができるって、本当なの?? 私たち人間は、体内でビタミ...
睡眠の質を高める

睡眠とセロトニン

質の良い睡眠のためのキーワードとなるセロトニンについて解説します。 朝日を浴びて「体内時計」をリセットしよう! 私たちの身体の中には「体内時計」があり、朝になると自然に目が覚め、夜になると眠るという生体リズムが備わっています。これを、「概日...
脳機能改善

神経伝達物質の働きについて

主要な神経伝達物質である「セロトニン」・「ドーパミン」・「ノルアドレナリン」・「アドレナリン」について解説します。 私たちの「心」は神経伝達物質によってつくられる私たちの喜怒哀楽・快・不快などの感情を生み出す情報は、脳内で作られる「神経...
脳機能改善

「メチレーション」と精神疾患について

栄養療法による精神疾患へのアプローチを考えるとき、「メチレーション」の知識が欠かせません。そこで、この「メチレーション」と精神疾患の関係について、なるべくわかりやすく説明していきます。 脳内の神経伝達の仕組み私たちの脳の中には約千億個もの脳...
★おすすめ本

栄養療法によって精神疾患が改善する理由。

多くの精神疾患や行動障害は、単に心の問題だけではなく、脳内の神経伝達物質のインバランスが大きく関係しているということができます。 「こころ」の正体とは 生化学的に言えば、人の思考、行動、感情はすべて、神経伝達物質が脳細胞から脳細胞に伝えられ...
副腎機能

「手が冷たい人は心が温かい」というのは本当?!

昔から、「手が冷たい人は心が温かい」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?実は、この疑問については、自律神経やホルモンバランス、そして栄養的に説明することができます。 緊張しやすい人は手が冷えやすい緊張すると、交感神経が興奮します。...
ビタミンB群

ビタミンB2不足によって起こる症状と、不足原因、対策について。

唇の荒れや口角炎(唇の端がきれてかさぶたになる)、眼の疲れなどの症状が気になる方は、ビタミンB2不足になっているかもしれません。そこで、ビタミンB2不足による症状や不足原因と、その対策について解説します。 ビタミンB2の働きとはビタミンB2...
ビタミンB群

ビタミンB1不足による症状と不足してしまう理由、その対策について

パンやスイーツやお酒が大好きで、疲れやすい、気分が沈む、イライラする、頭痛や肩こりがつらい、といった症状がある方は、実はビタミンB1不足に陥っているかもしれません。そこで、ビタミンB1不足による症状や不足してしまう理由と、その対策について解...
ミネラル

亜鉛不足で肌荒れに?!亜鉛の働きと、不足によって起こる症状、不足の原因について。

最近疲れやすい、なんだか体調が悪い、肌が荒れやすい、風邪をひきやすい、抜け毛が気になる、病院で貧血と診断されて鉄剤を飲んでみたもののなかなか体調が改善されないetc. 、、そんな原因不明の不調の原因は、実は亜鉛不足からきているかもしれません...
認知症対策

「アルツハイマー病 真実と終焉」から学ぶ、認知症を防ぐ食生活と生活習慣 

デールプレデセン博士の著書「アルツハイマー病 真実と終焉」では、認知症を予防・改善するための「リコード法」の詳細を紹介しています。プレデセン博士は、認知症の中でも代表的な「アルツハイマー病」などは、急に激しい物忘れやうつ状態などが表れるので...
認知症対策

アルツハイマー病(認知症)における血液検査データの傾向について

話題の「アルツハイマー病真実と終焉」に記載されている、アルツハイマー病(認知症)の人の血液検査データの傾向について解説します。 「アルツハイマー病真実と終焉」の著者、デールプレデセン博士が低唱する「リコード法」では、血液検査などを用いて自...
認知症対策

アルツハイマー病を引き起こしやすい食生活とは?

「アルツハイマー病真実と終焉」の著者で、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の世界的権威であるデール・プレデセン博士によると、アルツハイマー病を起こしやすい生活習慣は以下のようなものであるとしています。 アルツハイマー病を起こしやすい...
ビタミンC

ビタミンCサプリを摂りすぎたときの副作用について

様々な健康効果があることが知られているビタミンCですが、ビタミンCサプリをたくさん摂ることによる過剰症や副作用はあるのでしょうか。 ビタミンCサプリを摂りすぎると副作用はあるの?? ビタミンCを摂りすぎた場合の弊害としてまず考えられるの...
ビタミンC

ビタミンCサプリの摂り方のコツ

ビタミンCをしっかり摂ると美容や健康に役立つといわれていますが、実際にどのぐらいの量を摂れば良いのでしょうか。 ビタミンCの一日の必要量はどれぐらい?厚生労働省が定めたビタミンCの一日の所要量は100㎎とされています。これは欠乏症である...
ビタミンC

ビタミンCをたくさん摂るべき人とは?

体内でビタミンCを作ることができない私たち人間にとって、ビタミンCを食事から摂取することは欠かせません。ビタミンCの必要量を増大させる要因はたくさんあり、体調や状況に合わせてビタミンCを意識的にたくさん摂ることで健康増進に役立つということが...
ビタミンC

ビタミンCの錠剤が黄色い理由

レモン色をしたビタミンCの錠剤に含まれる成分について解説します。 ビタミンCの色はレモン色??美容と健康のために欠かせないビタミンC。栄養素は食事から摂るのが基本ですが、よりビタミンCの健康効果を得るために、サプリメントや医薬品を利用し...
抗酸化対策

ポリフェノールサプリメントの害について

ポリフェノールサプリの過剰摂取による弊害について。 ポリフェノールとはポリフェノールとは、植物に含まれる色素や苦味の成分で、ほとんどの植物に存在します。ポリフェノールの種類は5000種類以上もあるとも言われています。 例えば、緑茶のカテキ...
頭痛を治す

片頭痛が母親から娘へ遺伝しやすい理由

片頭痛に悩む方の多くは、母親も片頭痛持ちだった、という症例が少なくないようです。そこで、片頭痛とミトコンドリアの関係から、片頭痛が母親から遺伝しやすい理由について解説します。 片頭痛と酸化ストレスの関係私たちの身体は、生きるために必要なエネ...
★目的別健康情報

「アルカリ性食品は身体に良い」は迷信?!

「酸性食品」と「アルカリ食品」について解説します。 「酸性食品」と「アルカリ性食品」とは??pHとは、水素イオンの濃度を示す数値で、酸性・アルカリ性・中性に分けられます。水素イオンが多いほど、酸性の度合いが高くなり、アルカリ性溶液では水素イ...
感染症予防対策

ヒートショックプロテインを増やして細胞を元気にする方法とは

話題の「ヒートショックプロテイン」を増やして細胞を元気にする方法について解説します。 たんぱく質の構造と、ヒートショックプロテインの役割 たんぱく質は、アミノ酸が「ペプチド結合」と呼ばれる結合により鎖状に繋がってできていますが、鎖状と言って...
★目的別健康情報

栄養療法とサプリメント療法の違い

今日のテーマは、「栄養療法」と「サプリメント療法」の違いについてです。 「栄養療法」というと、足りないビタミンやミネラルなどの栄養素を見つけて、それをサプリメントで補う方法、というイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。 しか...
抗酸化対策

活性酸素の毒を防ぐための食事

細胞のダメージを与え、老化や病気の原因となる「酸化ストレス」から身体を守るための栄養素と食事について。 酸化ストレスから身体を守る栄養素とは? 「酸化ストレス」の害を食い止めるのに役立つのが、食品に含まれる抗酸化物質です。抗酸化物質は体内に...
抗酸化対策

酸化ストレスとは?

「酸化ストレス」と、健康を保つために欠かせない「抗酸化」について説明します。
★目的別健康情報

ミトコンドリア機能をアップさせて細胞を元気にする方法

エネルギーを生み出す「ミトコンドリア」機能をアップさせて、細胞を元気にする方法について解説します。 細胞の中にある小さな臓器たち私たちの体を作っているのは約37兆個もの細胞であると言われていますが、その細胞一つ一つの中には、「細胞小器官」と...
腸を元気にする

食べ物に含まれる「レクチン」が遅延型アレルギーを引き起こす?!

「食物不耐性」をおこしやすいたんぱく質「レクチン」について解説します。 「食物アレルギー」と「食物不耐性」とは? アレルギーとは、体内へ侵入した異物に対する免疫反応が過剰すぎて、その結果生体に障害を与えてしまう現象が起こることを指します。 ...
腸を元気にする

腸の炎症によって引き起こされることと、その解決方法

腸内環境が悪い=腸の炎症です。腸の炎症に炎症があると、どのようなことが起こるのでしょうか。 また、効率的に腸内環境を改善する方法もお伝えします。 腸の炎症によって引き起こされること 腸漏れ症候群 腸の炎症によって損傷が進むと、LGS※を引き...
油について

体内の慢性炎症を作りやすい食生活と、慢性炎症を減らす食生活

「炎症」とは何?? 体内の「慢性炎症」がなぜ身体に悪い?? そして、慢性炎症を起こしやすい食生活について解説します。 炎症とは? 身体の組織が損傷した時、それを治そうとして生体内の反応が起こります。この時に引き起こされるのが炎症反応です。炎...
★血液データの読み方

血液データを読むことでわかることと、血液データを読む際の注意点

分子栄養学の知識を生かして血液データを読むことでわかることと、その際の注意点について。 血液検査データからわかることとは?通常の健康診断における血液検査では、大体20種類くらいの検査を行いますが、栄養療法では普通の検査項目よりも多い 50~...
★血液データの読み方

血液データを読む手順

このページでは、血液データを読む手順をまとめています。 ①まずは、総蛋白やアルブミン、A/G比などからたんぱく質の状態を見ます。 ②次に、尿素窒素、コレステロール値などからもたんぱく質の指標として見ていきます。 ③さらに、酵素群(AS...
★血液データの読み方

甲状腺機能と血液検査

甲状腺機能に関連する血液データ項目について解説します。 甲状腺機能の低下症状甲状腺は、栄養素をエネルギーにする働きをする臓器です。 甲状腺機能は副腎機能に大きな影響を受けるため、副腎疲労の人は甲状腺機能の低下も起きている場合も多くみられま...
★血液データの読み方

銅と亜鉛のバランスについて

私たちの精神状態にも大きく影響を与える重要ミネラルである銅と亜鉛について解説します。 銅と亜鉛の理想バランスとは亜鉛(Zn)と銅(Cu)はバランスが非常に大切なミネラルの一つです。 銅や亜鉛は、ヒトの精神状態にも大きく影響を与えます。なぜ...
★血液データの読み方

血液検査の「好中球」と「リンパ球」からわかること

自律神経のバランスをチェックするときに役立つ「好中球」と「リンパ球」について解説します。 白血球の5分画 血液を採取し、固まらないようにして試験管に入れて遠心分離器にかけると2層に分かれます、上層はやや黄白色がかった透明で、下層は赤い塊...
★血液データの読み方

炎症を測る「高感度CRP」とは?

身体の慢性炎症を知る指標となる「高感度CRP定量」について説明します。 CRPとはCRPとは、「C反応性たんぱく」と呼ばれるたんぱく質のことで、体のどこかに急性炎症が起こると、このたんぱく質が24時間以内に急増し、通常の濃度の1000倍もの...
★血液データの読み方

「逸脱酵素」とは?

血液データを見るときに必要な「逸脱酵素」についての説明です。
★血液データの読み方

「インスリン」とは?血液検査の「インスリン」からわかること

知っているようで知らない「インスリン」の働く仕組みや、「インスリン」が出過ぎるとなぜ良くないのか、また、血液検査の「インスリン」の見方などを、わかりやすく説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「グリコアルブミン」からわかること

「グリコアルブミン」は通常の血液検査の項目には入っていないのであまり聞きなれないかもしれませんが、血糖値の状態をより正確に知るために使える項目です。
★血液データの読み方

血液検査の「血糖値」・「ヘモグロビンA1c」からわかること

血糖値やヘモグロビンA1cとは何か、そしてそれらが高過ぎるとなぜ良くないのかについて説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「クレアチニン」からわかること

血液検査の「クレアチニン」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「中性脂肪」からわかること

血液検査の「中性脂肪」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「HDL」・「LDL」からわかること

HDLコレステロール(HDL‐C)とLDLコレステロール(LDL‐C)について説明します。 HDLコレステロールとは? コレステロールは水に溶けないので、体内で輸送するにはコレステロールを運ぶ「舟」の役割をする「リポたんぱく」が必要となりま...
★血液データの読み方

血液検査の「尿酸値」からわかること

血液検査の尿酸について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「赤血球」・「ヘマトクリット」・「網状赤血球」からわかること

血液検査の項目「赤血球」や「ヘマトクリット」、「網状赤血球」について説明します。
★血液データの読み方

血液検査の「ビリルビン」からわかること

ビリルビン(BIL)とは? 肝臓機能を調べる項目で、「ビリルビン」という項目があります。ビリルビンとは、胆汁に含まれる黄色の色素で、古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊が破壊されたときにできる成分です。つまり、ビリルビンは赤血球の代謝物...
★血液データの読み方

血液検査の「ペプシノーゲン」・「血清アミラーゼ」からわかること

ペプシノーゲン(PG)とは ペプシノーゲンとは、胃の粘膜から分泌されるたんぱく質です。ペプシノーゲンは胃の中に分泌された後、胃酸によって「ペプシン」となり、たんぱく質分解酵素として働きます。つまり、ペプシノーゲンはたんぱく分解酵素「ペプシ...
★血液データの読み方

血液検査の「CPK」からわかること

今日は、血液検査のCPKという項目についてです。
★血液データの読み方

血液検査の「血清鉄」「UIBC」「TIBC」からわかること

血液検査項目の一つ、「血清鉄」とは何か、また、血清鉄の値からどんなことを読み取ることができるのかについて説明します。
タイトルとURLをコピーしました