食べ物に含まれる「レクチン」が遅延型アレルギーを引き起こす?!

「即時の食物アレルギー」と「遅延型の食物アレルギー」の違いとは?

アレルギーとは、体内へ侵入した異物に対する免疫反応が過剰すぎて、その結果生体に障害を与えてしまう現象が起こることを指します。

食物に対する過敏症のうち、即時型の「食物アレルギー」は全体の4~5%であると言われています。それ以外の90%以上は、厳密にいうと「食物アレルギー」ではなく、「食物不耐性」(食品過敏症)と呼ばれるものです。

本来の「食物アレルギー」とは、免疫反応が直接的な原因となり、少量でもすぐに発症するアレルギーです。場合人よっては生命を脅かす症状が出ることもあります。

一方「食物不耐性」は、直接的に免疫反応が関係しているわけではありません。ただし、間接的に免疫反応に関わる場合もあり、「遅延型アレルギー」とも呼ばれます。

即時型アレルギーを遅延型アレルギーの大きな違いは、遅延型の場合は同じ食品を食べても、その日の体調によって症状が出なかったりするということです。また、少量摂取では発症しないことが多く、段階的に発症し、自覚するには数時間または数日かかります。また、生命の危険に関わる症状は少ないというのも遅延型の特徴です。

 

遅延型アレルギー(食物不耐性)と「レクチン」

遅延型アレルギー(食物不耐性)の主な原因は、たんぱく質の分解不足です。

未消化のたんぱく質が腸から血液中に入ってしまうことで、血液中で異常な免疫反応が起こり、アレルギー症状を引き起こします。

たんぱく質の分解を阻害する原因の一つとして、「レクチン」が挙げられます。

「レクチン」は小腸の粘膜に結合することによって炎症を起こし、たんぱく質を分解する酵素のひとつである「エンテロキナーゼ」の生産を阻害し、たんぱく質の吸収障害を引き起こすことがあります。

レクチンとは??

「レクチン」とは、糖と特異的に結びつく性質を持つたんぱく質の一種です。レクチンは細胞膜表面に存在する糖と結合し、別の細胞同士を結合させます。簡単に言うと、レクチンは細胞と細胞をくっつける糊のような役割をする物質です。

レクチンは、植物にも動物にも広く存在し、数千種もの種類があるといわれています。レクチンの中には、細胞の働きやホルモン、免疫などの働きを向上させてくれる可能性のあるものもあることが報告されており、抗ガンや多発性硬化症治療への活用が期待されるものもあるといわれています。

レクチンの毒性

一方、レクチンには毒性のあるものや、細胞膜に悪影響を与えるものもあります。

レクチンが腸粘膜の細胞膜上の糖質と結合することで、小腸の代謝を阻害したり、腸絨毛や関節に損傷を与えることもあります。すると、吐き気、ガスの発生による膨満感、急性の胃腸症状、栄養素(特にたんぱく質と炭水化物)の消化吸収障害、大腸菌の増殖などが起こりやすくなります。

血液中でレクチンが過剰になると、レクチンが糊となって免疫複合体を形成したり、ナチュラルキラー細胞が正常な細胞を攻撃してしまいます。レクチンが原因となって関節痛などを引き起こす場合もあると言われています。

また、レクチンは、炭水化物の吸収と代謝にも影響いて、腸における糖の取り込みを抑制したり、体内での糖の代謝も阻害するものもあります。

例えば、「血糖値を下げる効果がある」と言われているナタマメですが、これはナタマメに多く含まれるレクチンの効果によるもので、実は健康のためにはかえって逆効果になる可能性もある、という意見もあるようです。

ただし、全てのレクチンが体に悪いわけではなく、人によってどの種類のレクチンに反応して炎症を引き起こすのかは異なると言われています。

 

レクチンを含む食材と、遺伝子組み換え食品の影響について

レクチンを多く含む食品として代表的なのは、小麦などの穀物・マメ科植物(ピーナッツ・大豆・インゲンなど)、ナス科植物(ナス・トマト・唐辛子・じゃがいも・くこ・ピーマン・パプリカなど)などです。

近年、以前に比べて食物不耐性(遅延型アレルギー)が増加していると言われていますが、その原因の一つとして、遺伝子組み換え(GMO)植物の増加が関係しているという可能性も指摘されています。

レクチンは、害虫から植物を保護するために有効であることから、遺伝子組み換えによって、レクチンの量を遺伝的に高めた植物の種子が多く作られるようになり、その結果食物不耐性も増加してしまった可能性もあるようです。

レクチンの影響を抑えるための方法

① 加熱

レクチンは熱に強いのですが、70℃で30分以上加熱すれば失活すると言われています。従って、できるだけ高い温度で時間をかけて調理することでレクチンの活性は抑えられると考えられます。

② 十分な消化

レクチンは、酸にも強く、プロテアーゼでも分解することは容易ではないと言われています。とはいえ、やはり胃酸と消化酵素を十分に分泌することも大切です。消化力の弱い方や高齢者の方などは特に、胃酸と消化酵素をサプリメントなどで補うことや、酵素の豊富に含まれた食材を食べ合わせることも考慮すると良いでしょう。

③ ねばねば食材

ばねば食材に多く含まれる「ムチン」(ムコ多糖類の一種)には、レクチンと結合する性質があります。そのため、ムチンを豊富に含む食材を一緒に摂ることで、レクチンの影響を最小限に抑えることができるといわれています。

ムチンを多く含む食材の例→山芋・長いも・里芋・レンコン・オクラ・モロヘイヤ・ツルムラサキ・昆布やメカブなど海草類・なめこ・納豆など。これらは日本で昔から食べられてきた食材で、前菜として出てくるものも多いですよね。

食物不耐性と除去食の考え方

遅延型アレルギー検査をしてみると、乳製品や卵に対して反応が出る人が非常に多くみられます。
しかし、遅延型アレルギー検査で反応が出ても、実際には食べても大丈夫な場合という場合も多いようです。検査結果が出たからといって除去食を行うことは必要がない場合もあるし、除去食を頑張りすぎたせいで逆に栄養不足やストレスを招いてしまうこともあるため注意が必要です。

もしも食物不耐性の症状が出ている場合でも、これらの食材に含まれるたんぱく質を分解できるようにすることが何よりも大切なことです。たんぱく質の分解能力が改善されなければ、一生除去食を行なうことになってしまいます。(もちろん、一時的に除去食をする必要がある場合もあります)

食物不耐性が気になる方は、胃酸分泌のチェック法血液検査のペプシノーゲン値胃酸不足時の対処法などもぜひチェックしてみてください。

 

腸の炎症によって引き起こされることとは?

「腸の炎症」があるとどうなるの?

 

前回のブログで炎症についての説明を行いましたが、炎症は腸にも起こります。腸の炎症に炎症があると、どのようなことが起こるのでしょうか。

 

①腸内環境が悪いと、腸に炎症が起こります。腸の炎症によって損傷が進むと、LGS※を引き起こし、栄養素の吸収障害が起こるようになります。栄養素の吸収障害は、例えば貧血や骨の弱化の原因にもなります。

※LGSとは?
LGS(腸管壁浸漏症候群)では、腸から大きな食物分子、バクテリア、真菌類など、本来腸から入るべきでないものが漏れ出して、血管や体内に侵入して、アレルギーをはじめとする免疫系疾患、肝臓への負担など、様々な悪影響が起こります。栄養素の吸収障害も起こります。
食物に対する過敏症のうち、即時型の「食物アレルギー」は全体の4~5%であり、それ以外の90%以上は、厳密にいうと「食物不耐性」(食品過敏症)であると言われています。即時型の食物アレルギーは、少量でもすぐに発症し、死亡など生命を脅かす症状が出るものです。一方、「食物不耐性」とは、「遅延型アレルギー」とも呼ばれ、たんぱく質の分解不足が主な原因となります。LGSがあると、未消化のたんぱく質が腸管から血液中に入り、遅延型アレルギーを引き起こします。遅延型アレルギーは、その日の体調によって症状が出なかったりしますので、即時型の食物アレルギーとは異なります。また、少量摂取では発症しないことが多く、生命にかかわる症状は少ないです。遅延型アレルギーは段階的に発症し、自覚するには数時間または数日かかるという特徴もあります。

②腸の炎症は、消化の問題を起こすだけでなく、炎症の影響が全身に回り、様々な不調を引き起こします。「なんとなく具合が悪い」という人は、腸の状態が悪いという場合が非常に多く見られます。

精神状態への影響

腸の炎症は、精神状態の悪化にも大きな関わりがあります。「腸脳相関」とも言われるように、腸は迷走神経を経由して脳とコミュニケーションをとっています。また、脳内の神経伝達物質の大半は腸内で作られます。従って、腸の状態が悪いと精神状態にも悪影響を与え、うつや不眠の原因にもなるのです。

免疫系への影響

腸の炎症は、アレルギーや上咽頭炎など、免疫系の異常を引き起こします。「腸管免疫」という言葉がある通り、免疫の70%は腸が担っています。

③逆に、歯周病や上咽頭炎、副鼻腔炎などが、腸の炎症を引き起こしている場合もあります。従って、腸の炎症を治したいときは他の部分も同時にケアする必要があるのです。

腸の炎症によって起こる症状の例
・便秘
・下痢
・おなかにガスがたまる
・便やガスの悪臭
食物不耐性(遅延型アレルギー)
・アレルギー(花粉症も)、抵抗力の低下
・不眠やうつ、イライラ、神経機能の低下、認知機能の低下
・貧血
・疲労
・なんとなく具合が悪い

腸の炎症の原因となるもの

腸の炎症が体に悪いことはよくわかりましたが、では、なぜ腸の炎症が起こってしまうのでしょうか。

原因として、以下のようなものが挙げられます。

・消化力の問題(胃酸不足、消化酵素不足、慢性胃炎、ピロリ菌など。未消化の食べ物は腸内環境を悪化させます。)

・食事内容(糖質の多い食事、小麦、乳製品、イースト菌 などのとり過ぎ。食物繊維などの不足。つまり、腸内の悪玉菌を増やしやすい食生活。
また、個人差がありますが、ナス科植物※によって炎症を起こしている人も多いようです。)

※ナス科植物:ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモ、唐辛子、パプリカなど。詳しくはこちら

・カンジダ菌の過剰増殖(カンジダ菌はもともと腸内に存在する「常在菌」なのですが、増殖しすぎることで腸の炎症を引き起こします)

・ストレス(交感神経優位な状態はアドレナリンを分泌させます。アドレナリンが過剰だと、腸内の悪玉菌を増やします)

・カフェインや刺激物の摂りすぎ

制酸剤、抗生物質などの薬

・便秘

・重金属の蓄積

 

腸の炎症対策① 腸の炎症を起こさないための食事

胃腸の不調を感じている方や、いつもなんとなく疲れやすい、理由はわからないけれどなんとなく体調が悪い、という方は、実は腸の炎症が影響しているのかもしれません。腸の炎症が気になる方はぜひ、食事の内容を見直してみてください。

①体質に合った食事を心がける
体質に合う食事は、人それぞれ。胃腸の状態や体調を見ながら、食べるものや量を調節していきましょう。
②炭水化物(特に精製されたもの、小麦、甘いもの)は極力避ける。高糖質の食事は腸内の悪玉菌を増殖させるだけでなく、高血糖が血管を傷つけ血管の炎症を引き起こします。
③乳製品、カフェイン、アルコール、食品添加物も控える。
④トランス脂肪を避け、オメガ3食品を積極的に摂る
⑤胃酸不足・消化酵素対策
・食べたものをしっかりと消化吸収できるよう、食事に集中してよく噛んで食べます。(30回以上)
・腸の調子が悪い時には、無理に食べないようにします。
・食事は酸っぱいもの(梅、レモンなどの柑橘類、酢など)と組み合わせて食べると消化を助けてくれます。
・または、食事の時に、レモン汁大匙1と水大さじ3程度を混ぜたレモン水を少しずつ飲みながら食べるのもおすすめ。
(一口食べたら一口飲み、食事の最初の方に飲み終わってOK)
消化酵素サプリやクエン酸サプリなどを利用しても良いでしょう。
・食事と一緒に飲み物を飲むのは良いのですが、飲みすぎると胃酸が薄まってしまうので、飲み過ぎには注意しましょう。
⑥発酵食品、海藻類、野菜類などを積極的に摂りましょう。
⑦玄米など、未精製の穀物は有用な面もたくさんありますが、玄米に含まれるフィチン酸の消化が苦手な人も多いため、お腹の調子を見ながら取り入れましょう。

⑧アマルガム※、重金属の害をなくす(水銀は腸内環境を悪化させるだけでなく、体内で栄養素の代謝障害を引き起こします。尚、ミョウバン《ベーキングパウダーなどに含まれていることが多い》や胃薬《ガスターなど》に含まれるアルミも害になります。

※アマルガムがある場合は、安易に除去せず必ず専門医に相談を!

腸の炎症対策② 生活習慣の見直し

腸の炎症対策として、食生活以外にも、生活習慣の見直しや腸以外の炎症対策を行うことも非常に重要です。

・歯周病(歯の炎症)の改善
・上咽頭炎、副鼻腔炎の確認、口呼吸を改善する。
・姿勢の矯正(姿勢が悪いと、栄養の吸収も悪くなる)
・ストレスケア、頑張り過ぎを避ける(ストレスは栄養をものすごく使うので、身体の修復のために使えなくなってしまいます。また、ストレスホルモンであるコルチゾールが慢性的に出過ぎると副腎機能にダメージが起こります)
・運動(ミトコンドリアを増やし、代謝を良くする効果があります)

腸内環境を改善するサプリメント

腸の炎症対策①②を実行したうえで、腸内環境を改善するのを助けてくれるサプリメントを摂ることも有効です。

・乳酸菌、酪酸菌など(ビオスリー、ミヤリサンなど)、善玉菌と呼ばれる腸内細菌(プロバイオティクス)

・オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌の栄養源となるもの(プレバイオティクス)

・フコダイン(もずくやめかぶに含まれる水溶性食物繊維)、ラクトフェリン、VA、VC、VD

・下痢気味の場合→グルタミンサプリ※

(※グルタミンサプリメントは、自閉症の子どもは禁忌です《グルタミンを体内でうまく処理できないため。》また、便秘の人が飲むとさらに便秘になりやすくなるため注意が必要です)

・便秘の場合→マグネシウム

眠れない原因は、腸だった?!

快適な睡眠のためには、「セロトニン」と「メラトニン」が重要!

 

私たちの脳内では、「神経伝達物質」が働くことによって、精神状態や、いわゆる「気分」がつくられています。

数ある神経伝達物質の中でも、「アドレナリン」や「ドーパミン」、「セロトニン」といった言葉は、皆さんもよく耳にしたことのあるものだと思います。

 

「アドレナリン」の前駆体は「ノルアドレナリン」と呼ばれる物質で、アドレナリンと共に、生存本能(闘争または逃避)を司り、交感神経系を刺激し、心身を覚醒させる働きを持ちます。
ドーパミンやノルアドレナリンなどは、もちろん生きていくうえで必要なものなのですが、これらが暴走すると、様々な悪影響が出てきます。ドーパミンが過剰になると多動の原因になったりするし、ノルアドレナリンが過剰になれば、怒りや不安、恐怖感などを過度に引き起こします。

 

一方、「セロトニン」は、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールして、心のバランスを整えてくれる作用を持っています。
そのため、セロトニンが不足すると、精神状態が不安定になり、幸福感が感じられにくくなることでも知られています。また、平滑筋の収縮をスムーズにして心臓発作を予防する働きも持っています。

さらに、セロトニンは心を落ち着けてくれるだけでなく、睡眠との深い関りがあります。なぜなら、セロトニンは、「眠りのホルモン」であるメラトニンの材料となるからです。自然な生活サイクルの維持と睡眠のために欠かせないホルモンです。
セロトニンが不足するとメラトニンがうまく生成できなくなり、不眠症などを引きおこす原因となります。

 

メラトニンをしっかり分泌させるにはどうしたら良いの??

 

快適な睡眠のために欠かせないメラトニンをしっかり分泌させるには、どうしたらよいのでしょうか。

①日中に太陽の光を充分浴びる

メラトニンは夜間に分泌されるのに対して、セロトニンは日中にたくさん分泌されます。日中しっかりと太陽の光を浴びることで、セロトニンの分泌量が増加し、それが夜のメラトニン分泌につながるということが分かっています

 

②トリプトファンの摂取

 

セロトニンの材料になるのは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンです。

脳内のセロトニンは、トリプトファンが脳内で変換されて作られます。トリプトファンは、肉や魚、大豆製品や卵、ナッツ類、バナナなどにも豊富に含まれます。

(ただし、脳内のセロトニンを増やすために、トリプトファンが入っているアミノ酸サプリメントをたくさん摂れば良いのか?というと、どうやらそんなに単純な話でもないようです。→詳しくはこちら。)

 

 

③腸内環境の改善

食事の内容はもちろん大切ですが、それ以前に、胃腸の状態が悪くて十分な消化吸収ができていない状況である場合にも、セロトニンの材料であるトリプトファンが不足してしまうことがあります。

さらに、トリプトファンをセロトニンに変換するためにはビタミンB6などの栄養素が欠かせません。ビタミンB6は、食事から摂取して供給されるだけでなく、腸内でも作られますので、腸内環境が悪いとうまくビタミンB6が作られず、不足してしまうことがあります。

例えば、血液検査のASTが10前半、ALTが一桁だったりする場合、かなりのビタミンB6の不足が疑われると言われていますが、それだけビタミンB6が不足すれば、「眠れない」、「楽しいことがない」(うつ状態)、などといった症状や悩みが出やすくなってきます。

(血液検査データでは一見問題がないように見えても、実はビタミンB6不足というパターンも多々あるので、注意が必要です)

 

また、セロトニンがメラトニンになるには、ビタミンB12やマグネシウムといった栄養素が欠かせません。これらの栄養素を消化吸収できるかどうかも、やはり腸内環境が大きくかかわっています。

ちなみに、腸内では「腸内セロトニン」が作られますが、腸内セロトニンは血液脳関門を通過できないため、脳内セロトニンとは別のものではありますが、腸内セロトニンの量と脳内セロトニンの量は相関すると言われているようです。

 

つまり、なかなか寝付けない、よく眠れない、といった睡眠に関する悩みの原因は、実は腸内環境が悪いせいだったりするわけです。

 

睡眠と腸なんて、一見関係なさそうに見えることでも、大いに関係あり!なのですね!!

やはり、腸内環境って、大事です!!!