ビタミンCサプリの摂り方のコツ

ビタミンCの一日の必要量はどれぐらい?

 

ビタミンCをしっかり摂ると、美容や健康に役立つと言われていますが、実際にどのぐらいの量を摂れば良いのでしょうか。

厚生労働省が定めたビタミンCの一日の所要量は100㎎とされています。これは欠乏症である壊血病を防ぐために最低限必要な量です。これは、野菜や果物など、食事から摂るべき量と考えると良いでしょう。

それに加えて、さらに健康増進や美容効果を期待する場合は、意識的にもっとたくさんのビタミンCを摂った方が良いと言われています。

美容目的や健康増進を目的として摂る場合の摂取量は、個人差はありますが一日500㎎~2000㎎程度であると言われています。これだけの量を食事だけから摂るというのはかなり無理がありますので、ここでサプリメントの出番です。

 

ビタミンCサプリの必要性について

しかし、そもそも栄養摂取は食事から摂るのが基本と言われているのに、わざわざサプリメントでビタミンCを摂る必要が本当にあるのでしょうか?この疑問に対して、栄養療法の世界的権威であるジョナサンライト医師は、「ビタミンC欠乏は、人間の遺伝的宿命である」としています。→詳しくはこちら

特に、「ビタミンCをたくさん摂るべき人」に当てはまる方は、意識的にビタミンC摂取量を増やしたほうが良いと考えられます。

ビタミンCのおすすめの摂り方

ビタミンCサプリを摂るのには、ちょっとしたコツがあります。

ビタミンCは一度にたくさん摂っても吸収されにくくなってしまいますので、一日の摂取量を3回に分け、三度の食事の時にとるのがおすすめです。

食事のすぐ後に摂ることで、ビタミンCの働きで鉄分や亜鉛など重要なミネラルの吸収も助けてくれますし、胃に食べ物が入っている状態であればビタミンCの酸が下痢を起こす心配もありません。

ビタミンCサプリには錠剤や粉末などいろいろなタイプがありますが、個人的には何も混ぜ物の入っていない純粋な結晶のビタミンC(粉末=ピュアクリスタル)が好きです。炭酸水に混ぜて飲んだり、そのままスプーンに入れて水と一緒にパフっと飲んでしまうこともあります。ただし、その場合はビタミンCの酸が直接歯につかないように、舌の真ん中に入れる感じにしています(笑)

ミキサーで果物ジュースを作る方は、ビタミンCの粉末を振りかけてから作れば果物のビタミンC破壊を防いでくれますし、醤油に混ぜて酢醤油ならぬビタミンC醤油にすることもできます。焼酎の水割りに入れるのもおすすめです。

他にも、工夫次第で色々な使い方ができそうですよね(*^^*)

 

 

次回は、ビタミンCサプリの副作用についてです。

 

 

ビタミンCの詳しい働きについてはこちら

その他の栄養情報を知りたい方はこちら

血液データの読み方を調べたい方はこちら