酵素ドリンクと消化酵素サプリメントの違いとは?!

スポンサーリンク

酵素ドリンクと消化酵素サプリに関する素朴な疑問

消化酵素のサプリメントは、食べ物の消化を助ける効果が期待できるもので、食後に胃がもたれる方や、胃腸の調子が悪い場合にとても有効です。

特に日本人は胃酸の分泌量が少ない人が多く、しっかりと栄養素を消化吸収するための対策を心がけることが非常に大切なことです。

ところで、
「酵素」というと、「酵素ドリンク」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、「酵素ドリンク」の酵素と、「消化酵素」の酵素って、いったい何が違うの??という質問を受けることがあります。

 

酵素ドリンクとは??

「酵素ドリンク」とは、果物や野菜を発酵させて作る飲み物のことです。
最近では、自分で果物と砂糖を使って酵素ドリンクを作ったりするのも人気ですよね。

市販の「酵素ドリンク」の場合、日本で一般的に健康食品として扱われているものは、食品衛生法に基づく分類でいうと「清涼飲料水」にあたります。

清涼飲料水は、出荷前の段階で加熱処理をすることが法律で定められているため、酵素としての活性はほとんど失っていると考えられます。

中には非加熱のもの(粉末状のものなど)もあり、酵素をわずかに含んでいるものもあると言われていますが、これらも酵素ドリンクと同様、酵素自体が主成分になっているわけではありません。

自作の非加熱の酵素ドリンクであってもそれは同じことです。

しかし、だからといって「酵素ドリンク」を摂取する意味がないというわけではありません。

健康食品としての「酵素ドリンク」は、原材料をその食物のもつ酵素のチカラで発酵、熟成させることで、成分が分解されて低分子化しているので消化吸収されやすく、さらに発酵によって健康に役立つ有用菌も生まれていたりするので、これらの成分は消化器に負担をかけずに、栄養素や有効成分を身体に供給してくれるというメリットがあると言えるでしょう。

ただし、前述の通り、あくまでも酵素がメインのものではないので、消化を助けるための消化酵素自体を補いたいのであれば、「酵素ドリンク」には消化を助ける「酵素ドリンク」ではなく、「消化酵素サプリメント」を選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

消化酵素サプリメントの種類について

本来、消化酵素は私たちの唾液や胃液、膵液、腸液の中に含まれ、食べ物を食べると必要に応じて消化を行うために働いてくれるものなのですが、消化酵素の分泌が不十分だと、せっかく食べたものをしっかりと消化吸収できなくなってしまいます。

食べ物の消化に必要な消化酵素は、大きく分けて3つあります。

その3つとは、
①ごはんなどのでんぷんや糖類を消化する「アミラーゼ」
②お肉などのたんぱく質を分解する「プロテアーゼ」
③脂肪を分解するための「リパーゼ」
です。

その他にも、乳糖を分解する「ラクターゼ」や、セルロース(食物繊維)を分解する「セルラーゼ」などもあります。

アイハーブのサイトで購入できる消化酵素サプリメントには、食べ物の消化を総合的に助けてくれるものや、たんぱく質の消化に特化したもの、脂質の消化に特化したもの、消化酵素と乳酸菌が一緒になったものなど、いろいろなタイプの消化酵素サプリメントがあるので、目的に合わせて選ぶことができるのでおすすめです。

中には、小麦粉に含まれるグルテンや、乳製品に含まれるカゼインの消化を助けてくれるサプリメントもあって、グルテンやカゼインの消化が苦手な人や、健康のために普段からグルテン・カゼインフリー食にしているけどたまにはそういうものも食べたいという人にとって便利なサプリメントであるといえます。

日本人はもともと消化力が低い人が多く、年齢が上がるにつれて消化力が低下する傾向にあることを考えると、しっかりと胃酸の分泌を意識しながら※、その日の体調や食べるものに合わせて消化酵素サプリメントを活用していくと良いでしょう。

 

(こちらの胃酸の重要性消化を助ける工夫に関する記事もぜひ参考にしてください♪)

 

 

 

 

栄養の基礎知識
スポンサーリンク
sahokoをフォローする
目からウロコ!の栄養セラピー
タイトルとURLをコピーしました