ソイプロテインとホエイプロテインの違いとは?

たんぱく質の補給に役立つプロテイン。中でも一般的によく使われているソイプロテインとホエイプロテインの違いについてまとめました。

 

原料

ホエイプロテインは生乳を原料として生成される動物性タンパク質のひとつです。「ホエイ」とは、ヨーグルトの上澄みに浮いている液体「乳清」のことです。

一方、ソイプロテインは大豆を原料として生成される植物性タンパク質です。

 

消化吸収速度

ホエイプロテインとソイプロテインの吸収速度を比べると、ホエイプロテインの方が吸収が速く、ソイプロテインの方がゆっくり吸収されるので腹持ちが良いといわれています。

運動直後に速やかにプロテインを補給したい場合はホエイの方が即効性があると考えられます。

一方、ダイエット中でなるべく長い時間お腹の満足感が欲しいときはソイプロテインの方が良いのかもしれません。

 

含有成分について

ソイプロテインとホエイプロテインは、ともにアミノ酸スコア(必須アミノ酸のバランスが不足なくそろっているかどうかの指標)が75以上と高くなっていて、どちらも良いたんぱく源となります。

それぞれの含有成分の違いは以下の通り。

ソイプロテイン・・

ソイプロテインはホエイプロテインに比べて、脂質の含有率が低いという特徴があります。また、女性ホルモンのような働きをする「大豆イソフラボン」も含まれます。

大豆イソフラボンには、美肌や髪の毛の健康に役立つ効果が期待できるといわれてます。

大量に摂りすぎると甲状腺機能障害を引き起こす場合もあるといわれていますが、極端に摂りすぎなければそれほど心配する必要もないと思われます。

 

ホエイプロテイン・・

ホエイプロテインには、BCAAの中でも特に筋肉の合成のために重要とされるロイシンが豊富に含まれていて、生体内での利用効率が高いといわれています。

尚、ホエイプロテインには「WPC」と「WPI」という種類があります。

日本人はカゼインやホエイプロテインに含まれる「乳糖」を上手く消化吸収できない乳糖不耐症が多く、「WPI」はこの乳糖を完全に除去したホエイプロテインです。一方、WPC(通常のホエイプロテイン)にはこの乳糖が含まれています。WPCを飲むとお腹がゴロゴロするという人はWPIを試してみると良いでしょう。(WPIはWPCに比べて製造に手間がかかるので高価です)

ちなみにソイプロテインは乳糖を含まないので乳糖が苦手な人でもOKです。

 

筋たんぱく合成効果が高いのはどっち?!

ソイプロテインとホエイプロテインの筋たんぱくの合成効率を比べると、

ホエイの方がソイプロテインよりも18%高く、トレーニング後に摂取した場合ではホエイの方が31%高かったという研究データがあります。

従って、効果的に体たんぱくを増やしたい場合はホエイプロテインの方がおすすめということになります。

 

まとめ

・ソイプロテインは、大豆イソフラボンを摂りたい人や脂質の量を抑えたい人、腹持ちの良い栄養補給をしたい人、乳糖不耐症だけど高価なWPIは買いたくない、という人におすすめ。

・ホエイプロテインの方がソイプロテインよりも吸収が速い

・ホエイプロテインの方が体たんぱくを増やすのに効果的。

 

 

 

 

 

あなたはワクチンを打ちますか?「新型コロナワクチンの有効性95%」の意味について

厚生省が発表している新型コロナワクチンの有効性は95%

厚生労働省HPの「ファイザー社の新型コロナワクチンについて」によると、

「ワクチンを受けた人は受けていない人よりもコロナを発症した人が少ないということが分かっていて、その予防効果は約95%である」

としています。

有効性が95%ということは、100人の人がワクチン接種をしたら、そのうちの95人には効果があるということなのでしょうか?

だったら、ぜひワクチン接種をしたい!!と思いませんか?!

例えば、コロナ流行前に毎年猛威を振るっていたインフルエンザの場合を思い出すと、毎年たくさんの人がインフルエンザワクチンを接種していたのにも関わらず、かなり多くの人がインフルエンザに感染→発症して苦しんでいました。

ワクチンを打った100人中95人の人になんて、とてもじゃないけど効果があるようには見えませんでしたよね。

なのに、コロナに関しては95%もの有効性が認められているなんて、すごくないですか??

そんな素晴らしいワクチンが開発されたのであれば、一刻も早くワクチンを打ちに行きたい!

と思ってしまいそうですが、、

実はそこには、数の「からくり」が存在するのです。

ワクチン有効性95%の意味とは?

臨床試験によると、試験に参加した4万3500人のうち半数は偽薬(プラシーボ)を注射し、残りの半数が実際にコロナワクチンの注射をして一か月追跡を行ったところ、コロナの発症者は偽薬のグループで162人、ワクチン接種のグループで8名だったとのこと。

これを単純計算すると、2万1700人ぐらいの人がワクチンを打ったとして、162-8=154人の人がワクチンのおかげでコロナを発症せずに済んだのかもしれない、ということになります。

つまり、ワクチンを打った人のうちの0.7~0.8%の人がワクチンの恩恵を受けたということですね。

逆に言うと、それ以外の99%以上の人達は、ワクチンの恩恵を受けているわけではないので、打とうが打つまいが発症はしていないのです。

言ってしまえば、多くの人たちにとってはワクチンを打っても打たなくても変わらない、ということになります。

ただ、運悪くコロナに感染してしまうような状況になった場合、ワクチンを打っていない場合に比べてワクチンを打っていた方が、短期的に見れば発症する確率は20分の1になるかもしれない、ということです。

ただし、このワクチンの有効性がどのぐらい続くのかとか、ワクチンによる副作用はどのぐらいの頻度で出ているのかとか、また、現時点では大丈夫そうに見えてもこの先5年、10年、と時間が経ったときに、身体にどんな影響が出るのか、などなど、わからないことはたくさんあります。

こういったワクチンの有効性に関してや、その他のコロナ情報については、本田健さんの公式YouTubeチャンネルの「あなたはワクチンを打ちますか?」にて詳しく解説されていますので、詳細が気になる方はぜひリンクをチェックしてみてください。

まとめ

コロナワクチンに関して、その有効性や接種のリスクについての様々な議論がなされています。

一方で、このコロナ騒動を収束させるには一刻も早くワクチン接種を進めていくしかない!という考え方もあります。

ですが、少なくとも「有効性95%だからものすごく効果があるし、国が勧めているものだから絶対に安全!」というのは大きな勘違いということになります。

テレビなどではあまり報道されてはいませんが、今回のコロナワクチンは、これまでのインフルエンザワクチンなどで使われていたものと、種類も作用の機序も全く違うものであり、その安全性はまだまだこれから検証していく必要があります。

海外でも持病がなかった若い人がワクチン摂取後に亡くなってしまう事例も多数報告されており、ワクチンの危険性を訴える声も出てきています。

(下記にリンクを貼っていますので参考にしてください。)

↓ワクチンが原因で死亡したと考えられる症例の例↓

ヨーロッパのワクチン悲劇

ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳看護師も(日刊ゲンダイ)み(現在この記事は削除されています)

ワクチン接種した三重県の40代女性が死亡 子宮から出血し5日後に心肺停止(現在この記事は削除されています)

ワクチン接種後、神奈川で3人死亡 2人の因果関係を分析中

大事なことは、メディアの情報に惑わされず正しい情報を見極める目を養い、もしもワクチンを接種をするのであれば、そのメリットとデメリットを納得した上で、自分の責任において行動する必要があるのではないかと思います。

(この記事は2021年5月13日現在の情報を元にして作成しています)