睡眠とセロトニン

朝日を浴びて「体内時計」をリセットしよう!

私たちの身体の中には「体内時計」があり、朝になると自然に目が覚め、夜になると眠るという生体リズムが備わっています。これを、「概日リズム」(サーカディアンリズム)と言います。

本来、ヒトの体内時計の周期は25時間に設定されているといわれています。

脳の視床下部には「視交叉上核」と呼ばれる部分があり、朝日を浴びて目から光の刺激を受けることで「体内時計」のスイッチがリセットされるようになっています。つまり、朝日を浴びるおかげで時間のズレを24時間周期に修正し、体内時計を毎日リセットしているというわけです。

もしも朝日を十分に浴びなかったり、密閉された部屋だけで過ごしていると、一日の生活リズムがどんどんズレてしまい、夜型の生活になってしまったりします。

セロトニンと生体リズム

この睡眠に関する生体リズムに関係しているのが「セロトニン」です。セロトニンからは、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」が作られます。メラトニンは、脳幹にある「松果体」という部分から分泌されます。

セロトニンは、日中は分泌が続けられ、ノルアドレナリンやドーパミンの働きをコントロールし、精神を安定させ、脳を落ち着いたクリアな状態に保っています。そして夜が近づくにつれて、セロトニンの分泌は少なくなり、暗くなってくると松果体からメラトニンが放出されるという仕組みになっています。

(セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの詳しい働きについてはこちら

メラトニンには、脳の興奮を沈めリラックスさせ、体温を下げることで眠りを誘う作用があります。このメラトニンは、昼間に分泌されたセロトニンから生成されるので、昼間にセロトニンの分泌が少ないと、夜作られるメラトニンの量も少なくなり、眠りにつきにくくなったり、眠りが浅くなるという、睡眠障害の症状が出やすくなってしまいます。

セロトニン濃度が低下するタイプのうつ病で睡眠障害が起きやすいのはこのためですね。

睡眠中は、セロトニン神経系はほとんど休止状態にあるのですが、朝日を浴びることでセロトニン神経系が活動を始め、セロトニンを分泌するようになります。

それと同時にノルアドレナリンなどの分泌も開始され、脳が覚醒し、私たちは活動を開始することができるようになります。

セロトニンがしっかりと働くと、朝すっきり気持ちよく起きることができるのですが、もしもセロトニンの働きが悪いと、なかなか脳が活動できなくなり、朝起きるのがつらくなってしまいます。

朝起きたときに朝日を浴びると、すがすがしい気持ちで一日をスタートすることができる気がしますが、それはセロトニンという神経伝達物質の働きが大きく関係しているということですね。

 

メラトニンには抗酸化作用もある?!

良い睡眠のために欠かせないメラトニンですが、実は、その他にもとても重要な役割を持っています。

それは、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用や、細胞のがん化を防ぐ抗ガン作用。寝ている間に体内の傷ついた細胞を修復するためにも欠かせないのです。

このことからも、昼間はしっかりとセロトニンを分泌させて、夜はしっかりとメラトニンを分泌し、十分な睡眠をとることは、健康のためになくてはならないものであるということができます。

メラトニンをしっかり分泌させるには、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

神経伝達物質の働きについて

私たちの「心」は神経伝達物質によってつくられる

 

私たちの喜怒哀楽・快・不快などの感情を生み出す情報は、脳内で作られる「神経伝達物質」によって伝えられています。脳幹にある神経細胞の集まりのことを「神経核」と言いますが、この神経核が、神経伝達物質を生成し、分泌をコントロールしています。神経核は脳内に神経線維を伸ばし、セロトニン、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどを脳内の各場所へ放出しています。

これらの神経伝達物質は、主に大脳辺縁系の働きによって分泌されています。

神経伝達物質には、興奮性のものと抑制性のものがあり、それらが丁度よく働くことで平常な心が保たれます。うつ病などの心の病気では、こうした神経伝達物質のバランスが崩れた状態になってしまいます。

興奮性の神経伝達物質が多すぎれば、不安感やイライラが増し、幻覚や妄想が現れることもあります。

逆に、興奮性の神経伝達物質が不足すれば、気分が低下し、落ち込んだりしやすくなります。

そこで、主要な神経伝達物質である、「セロトニン」・「ドーパミン」・「ノルアドレナリン」・「アドレナリン」の働きについて説明していきます。

セロトニン

脳内の「セロトニン」は、神経伝達物資の一つです。

脳内のセロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンの活動を調節し、不安感をなくし、精神を安定させ落ち着かせ、幸福感をもたらす作用があります。

そのため、セロトニンが不足すると、うつ病になったり不安感が増したり、イライラして落ち着きがなくなって攻撃的になったりします。

さらに、食欲や性欲、睡眠と覚醒にも関与しており、セロトニンが不足すると食欲や性欲が増す一方、眠れなくなり睡眠障害が起こるようになります。

 

ドーパミン

ドーパミンは、快楽物質とも呼ばれる神経伝達物質で、後述するノルアドレナリンの前駆体でもあります。

快楽を司る物質で、楽しいことをしているときや目的を達成したとき、褒められた時などに、このドーパミンが分泌され、私たちは快感や幸福感を感じます。

ドーパミンは意欲や動機付けにも関係しており、新しいことを始めようとしたり、旅行の計画を立ててワクワクしたりするのにもドーパミンの分泌が関係していると言われています。つまり、「やる気」のエネルギーになる、という感じですね。さらに、最近の研究では、子どもの脳の発達にもドーパミン神経系が大きく関係しているということも分かってきています。

ドーパミン神経系は、欲求を満たしたときにより活性化します。つまり、ドーパミンが放出されて快楽を感じると、脳がそれを学習し、再びその行為をしたくなる、つまり、脳がドーパミンという「報酬」を求めることで、楽しいことを繰り返し行いたくなるというわけです。

このような報酬系のサイクルは、動物が環境に適応し、生きていくためになくてはならないものであると言われています。さらに、人間が快楽や幸福を得るために活動を繰り返すことで、高度な社会を築いていくためにも役立ってきたと言えます。

しかし、過剰に快楽を求めすぎてドーパミン神経が暴走した場合、依存症や中毒となってしまいます。

ギャンブル依存症やアルコール中毒、薬物依存などは、過去に脳が快楽を感じたことを覚えていて、さらにその快楽を何度も味わいたいという欲求が強くなりすぎてしまった状態です。そして、アルコール摂取や薬物を何度も繰り返しているうちに、耐性ができて、今までよりも量を増やさないと同じ効果を得られなくなり、どんどん量が増えていってしまいます。そして摂取する量が足りなくなると、禁断症状を起こすようになります。

栄養不足や栄養素のアンバランスなどが原因でドーパミンが不足していたりすると、不足したドーパミンを補おうとして脳が快楽を求め、その結果依存症に陥りやすくなってしまいます。そのため、精神的ストレスが強かったり、もともと体質的にドーパミンが少ない人は、アルコール依存やギャンブル依存などに陥りやすい傾向がみられるようです。

ドーパミン自体が不足すると、無気力、うつ病になりやすくなったり、パーキンソン病にも関連しています。

逆に、ドーパミンが過剰になれば、多動、興奮状態、攻撃的、幻覚、妄想などの症状が出てしまうことがあります。

ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)

ノルアドレナリンは、ドーパミンが変化して生成される神経伝達物質です。

緊急事態の際に身体を臨戦態勢にするために働き、恐怖や怒り、不安、注意、集中、覚醒、鎮痛などに関連しています。

脳幹だけでなく交感神経でも生成され、伝達物質として各標的機関に直接作用することができます。さらに、副腎の髄質からもホルモンとして分泌されます。

ノルアドレナリンは身体と脳を緊急事態に対応させるために、短時間のうちに心拍数を上げ、血圧上昇、脳の集中力アップ、さらに、けがをしてもあまり痛みを感じさせない(鎮痛)といった作用をもたらします。

このように、短期的には身体を臨戦態勢にするために役立つ一方、ノルアドレナリン神経系が異常に興奮しすぎると、「パニック発作」などが起こってしまうことになります。「パニック発作」は、突然強いストレスを覚え、動悸、息切れ、めまい、強烈な不安感に襲われるなど、非常につらい症状です。

また、継続的なストレスがかかるとノルアドレナリンの放出が常に起こるようになり、だんだんノルアドレナリンの生成が追い付かなくなって、今度はノルアドレナリンが減ってしまってうつや不安障害、自律神経失調症などになってしまうことがあります。

 

アドレナリン(エピネフリン)

アドレナリンも、ノルアドレナリンとほぼ同様の作用を持つ物質で、脳幹の神経系からも放出されますが、主に副腎髄質からホルモンとして分泌されます。

ノルアドレナリンは主に神経伝達物質として働くのに対して、アドレナリンは主に血液中に分泌されてホルモンとして働きます。

血中に放出されたアドレナリンは、交感神経を刺激し、心拍数や血圧の上昇などを引き起こします。

また、アドレナリンは肝臓を刺激し、肝臓に蓄えられたグリコーゲンをブドウ糖へと分解を促進すると同時に、血糖値を下げるホルモンであるインスリン分泌を抑制し、血糖値を上昇させるように働きます。

つまり、身体を臨戦態勢にするために、筋肉や内臓に対して作用する力が大きいのが、このアドレナリン。だから、最大限の力を発揮してすごく集中している時に、「アドレナリンが出ている!」と言ったりするのですね。

慢性的なストレスが続くと、常に交感神経が刺激され、副腎からは常にアドレナリンが過剰に分泌された状態が続きます。すると血糖コントロールが悪くなったり、副腎疲労に陥ってしまったりするので要注意です。

尚、アドレナリンは、ノルアドレナリンが変化して生成されたものです。

つまり、ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン

という流れになります。

 

次回は、睡眠とセロトニンの関係についてです。

 

 

 

 

「メチレーション」と精神疾患について

 

栄養療法による精神疾患へのアプローチを考えるとき、「メチレーション」の知識が欠かせません。そこで、この「メチレーション」と精神疾患の関係について、なるべくわかりやすく説明していきます。

脳内の神経伝達の仕組み

「メチレーション」の話の前に、神経伝達物質がどのように脳内を伝わっているのかを説明していきたいと思います。

私たちの脳の中には約千億個もの脳細胞があると言われています。

脳細胞というものが発見されたのは、1800年代の初め。発見から数年の間は、脳細胞同士は直接つながっていて複雑な電気回路を形成していると信じられていたといいます。ところが、1880年代になって、脳細胞と脳細胞は直接接触せずに、隣接する脳細胞に信号を送ってコミュニケーションをしているということが発見されました。直接接触していないということは、脳細胞と脳細胞の間にはごく小さな隙間があるということです。この小さな隙間のことを「シナプス」といいます。

脳細胞が活動するとき、脳細胞は神経伝達物質をシナプスを放出します。非常に多くの脳細胞が活動すると、思考や行動が起こります。

脳細胞にはそれぞれの神経伝達物質に対する受容体(たんぱく質の塊)が埋め込まれています。ほとんどの受容体は、わずか一種類の神経伝達物質の信号だけを受け取るという性質があります。例えば、「セロトニン」の受容体はセロトニンのみによって活性化され、それ以外の神経伝達物質によって活性化することはありません。

ところで、シナプスに放出された神経伝達物質は、隣接する脳細胞の受容体に向かうだけでなく、元の脳細胞へ迅速に戻って再利用されるというシステムもあります。この場合、神経伝達物質は「輸送たんぱく」によって元の脳細胞へと運ばれて、「再取り込み口」から取り込まれ再利用されるのです。脳神経におけるシナプスの神経伝達物質の量は、この「輸送たんぱく」と「再取り込み口」の量と働きで決まります。

そして最終的には、役目を終えた神経伝達物質は分解されて消えていきます。

「メチレーション」とは??

 

ここからやっと、「メチレーション」の話です。

「メチレーション」とは、メチル基(CH3)がある物質に結合し、様々な化学反応を起こすことです。

そしてこのメチレーションは、DNA・RNA合成、解毒、たんぱく質、酵素の合成、葉酸の代謝、神経伝達物質の合成(ドーパミン、セロトニン)、テロメア(アンチエイジング)の保護、エストロゲン調整、ミトコンドリアの保護、炎症の抑制、葉酸の代謝、コエンザイムQ10の合成と代謝など、体内のさまざな働きに関わっています。

 

低メチレーションと高メチレーション

メチレーションの状態は、個人差があります。

どういうことかというと、身体の中で丁度良い具合にメチレーション反応が起こっている人もいれば、人によってはメチレーションが低下している人(=低メチレーション)や、亢進しすぎている人(=高メチレーション)がいるということです。

中でも精神疾患の治療において重要なのが、DNAのメチル化(CH3基の付加)は、神経伝達物質の輸送たんぱくを合成する遺伝子をOFFにする主な仕組みとなっているということです。

先ほど、「脳神経におけるシナプスの神経伝達物質の量はシナプスにおける輸送たんぱくと再取り込み口によって決まる」、と書きましたが、これらを作るたんぱく質の量は、その人それぞれの「メチレーション」の状態によって決まるわけです。

つまり、低メチレーションだと輸送たんぱくを合成する遺伝子がOFFになりにくいので神経伝達物質の輸送たんぱくが多くなり、結果シナプスでたくさんセロトニンが取り込まれてしまうのでセロトニンの活動が低下し、うつになりやすくなるのです。

反対に、DNAのメチル化が促進した高メチレーションの人は、神経伝達物質の輸送たんぱくを合成する遺伝子がOFFになりやすいので、輸送たんぱくの量が減って神経伝達物質の取り込み量が少なることで、ドーパミンの活動が過剰になり、不安や妄想型統合失調症を発症する傾向があります。

メチレーションは低下しすぎても亢進しすぎても、精神状態に悪影響を与えるということですね。

 

メチル基形成に影響を与える要因とは

メチレーションの状態は、ある程度遺伝で決まっているということがわかっています。また、加齢、食事内容、ビタミンミネラル不足、炎症、重金属毒性(特に銅と水銀)、腸内環境なども、メチレーション状態に大きく影響します。

さらに精神疾患系の人は、酸化ストレスが過剰になっている過剰ケースが非常に多いため、酸化ストレスを軽減することもとても大切です。

 

次回は、主要な神経伝達物質の働きについて説明していきます。

栄養療法によって精神疾患が改善する理由。

 

うつ病や精神疾患について、栄養学的に説明していきたいと思います。

「こころ」の正体とは

生化学的に言えば、人の思考、行動、感情はすべて、神経伝達物質が脳細胞から脳細胞に伝えられることによってつくられているといえます。

脳内物質は100種類以上あるといわれていますが、その中でも主要なものは10種類ぐらいです。中でも私たちの精神状態に深くかかわる神経伝達物質は、セロトニン、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリン、GABA、グルタミン酸など。

神経伝達物質は、脳内で継続的に作られているのですが、その原料となる栄養素の不足があったり、バランスが崩れたりすると、神経伝達物質の不足や過剰となり、その結果様々な精神的な問題が起こることになります。

そして、神経伝達物質を合成する原材料は、私たちが食べ物から摂取するアミノ酸、ビタミン、ミネラル、その他の天然の化学物質です。

 

栄養療法と精神疾患

栄養療法界では、ほとんどの精神疾患や行動障害は、脳内の神経伝達物質のインバランスが大きく関係していることから、これを生化学分析をして、それに見合った栄養素の補充を行うことで症状の改善が期待できるという考え方が常識となっています。

例えば、うつ病の患者さんの多くはビタミンB6レベルが低いといいますが、これは、B6不足がセロトニン不足を引き起こすことに起因すると考えられます。なぜなら、セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから合成されますが、最終段階で補因子としてビタミンB6を必要とするからです。

ドーパミンを作るには、鉄と葉酸が欠かせません。

また、ノルアドレナリンはドーパミンから作られますが、このとき銅が重要な役割を果たします。

亜鉛やビタミンB6は、GABAの合成と調節のために必要となります。

さらに、犯罪性に関わるような反社会性パーソナリティー障害ではたいてい、亜鉛不足、酸化過剰、低メチル化、有毒金属の上昇が組み合わさっていて、妄想型統合失調症では、高メチル化、葉酸不足、血中の銅レベルの上昇が見られると言います。

精神疾患と向精神薬

心が健康であるためには、脳の神経のつなぎめ=シナプスにおいて、神経伝達物質が適切な量で、適切な活動をする必要があります。

シナプスにおける神経伝達物質の量は、神経伝達物質の再取り込みに関わる輸送たんぱくの量によって左右されます。

このことから、ほとんどの向精神薬は、シナプスにおける神経伝達物質の活動を変化させることで効果を発揮します。

例えば、うつ病に用いられるSSRIという薬は、シナプスにおける輸送たんぱくの働きを抑制し、セロトニンがシナプスに長くとどまるように働きます。

うつ病患者には半ば自動的に、セロトニンをふやすためにSSRIが処方されることが多いのですが、ウイリアム・ウォルシュ博士によると、「うつ病患者のうちセロトニンレベルの低下があるのは全体の38%に過ぎない。治療の前には脳の生化学状態を検査するべき」としています。

また、精神科で処方される薬は、人間の身体にとって異質の分子であり、副作用が起こるという欠点もあります。SSRIを例に挙げると、副作用としてよくみられるのが、自殺リスクの増加、興奮、敵意、不安、不眠症、体重減少や増加、症状の悪化など、、。

その反面、栄養療法によるアプローチはもともと身体の中にある分子を取り入れることによって症状を改善していくので、副作用の心配がほとんどありません。

ウォルシュ博士は、精神疾患に対する栄養療法で一番症例が多いとされている人物で、独自の理論を確立し、世界中のドクターに講演をして回っているすごい人です。博士は、囚人支援のボランティアで殺人犯の脳の分析を行ったのをきっかけに、20年にわたり2800人のうつ病患者に、の生化学検査を行い(データ数は30万件以上を超える)、脳の状態を分類し、それぞれのタイプ別に薬と同様に効果的で、しかも副作用のない栄養療法を体系化しました。

日本においても、「臨床分子栄養医学研究会」をはじめとして、精神疾患の治療にこの理論に基づいた栄養療法を取り入れた治療を行う医師が増えつつあります。

 

続く→